コラムページ

【Day+自然の恵み生酵素スムージー】真夏の頭皮ケアきちんと出来ていますか?

2018.8.7

こんにちは!

商品開発担当の佐々木です。

 

沢山汗をかき、強い紫外線をあびた頭皮。

ただ洗うだけで放置していませんか?

 

夏はベタつきだけじゃなく、紫外線による日焼けや、エアコンによる乾燥もあるので、

肌や髪は勿論、頭皮にも大変な季節です!

 

「汗」「皮脂」「紫外線」という夏の3大ダメージ。

でも暑さにも紫外線にも負けたくない!

ダメージから頭皮のトラブルに繋がってしまう前に出来る事はあるのか、考えてみましょう!

 

気温が上がると、どうしても「汗」をかいてしまいますよね。

汗をそのままにすると、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖してしまうのです。

又、その汗は「皮脂」と混ざり合って頭皮の毛穴にこびりつき、詰まらせます。

 

その結果、臭い・かゆみなどの頭皮トラブルを引き起こし、抜け毛の原因になる事もあるのです!

 

さらに、強くなった夏の「紫外線」は、肌と同様に頭皮にも影響を与えます。

体の中で最も太陽に近い頭皮や髪は、特に焼けやすく、焼けてしまうと水分が蒸発して乾燥してしまいます。

 

これらの、夏の3大ダメージは軽減できても避けることはできません。

だからこそ、しっかりと頭皮をケアすることが重要なのです。

 

それでは、夏にオススメのケア方法をご紹介します!

紫外線対策

まずはこれ!紫外線は事前の対策によってダメージを軽減する事が出来ます!

頭皮や髪の紫外線対策として一番簡単なのは、帽子や日傘の活用です。

又、ヘアケア用品としてUVプロテクト効果のあるスプレーなどを使用するのも一つの手ですよ!

 

頭皮タイプに合うシャンプーを使う

ご自身の頭皮が脂性肌なのか、乾燥肌なのかを知る事が大切です。

確認方法はとても簡単!

外に出てしばらくしてから頭皮を触ってみて下さい。

その時に手に脂っぽさを感じるようであれば脂性肌。

日頃から肌がカサカサしてかゆみに悩んでいらっしゃるようでしたら乾燥肌と言えます。

 

脂性肌の人は洗浄力が強いシャンプーを求めがちですが、

強過ぎる洗浄力は必要な皮脂まで落としてしまう可能性がある為NG!

余分な皮脂だけを洗い流せるものを選んでください☆

一方、乾燥肌の人には、洗浄力が弱く保湿成分が含まれたものがオススメです!

 

正しい洗髪

髪を洗うのは夜にしましょう。

夜洗わずに寝てしまうと、汚れが毛穴につまり、頭皮環境の悪化につながります。

 

そして洗い方にもポイントがあるのです!

・まずは髪の毛を濡らす前に、頭皮から毛先にかけてしっかりブラッシングをする!

・お湯で髪と頭皮を余洗いする!

・シャンプーを手の上でしっかり泡立ててから頭皮をマッサージするように洗う。

・しっかりすすぐ。

 

ここで大切なのは、ブラッシングと余洗いです。

正しい洗い方として、この2つの行程によって髪の汚れはほぼ落ち、

頭皮の汚れも落ちやすい状態になります。

 

又、1日に何度もシャンプーで洗うと、必要な皮脂まで落としてしまう為、

こまめに洗いたいという方はシャンプーを使わずにお湯だけで洗う事をオススメします!

 

正しい方法で乾かす

暑い時にドライヤーの温風で乾かすのは大変。

という事で自然乾燥や冷風のみで乾かそうという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、汗をかいた後に頭皮が蒸れて雑菌が繁殖するのと同様に、

お風呂上がりの濡れた頭皮も雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

髪にとっても、濡らした時に開いたキューティクルをしっかり閉じて艶を出す為には熱を加える事が重要です。

頭皮環境の悪化と髪の傷みを防ぐためにも、しっかり乾かしましょうね!

長時間ドライヤーを使わないようにする為にも正しい乾かし方を覚えましょう!

・しっかりとタオルドライで頭皮と髪の水分をとる

・ドライヤーの温風で頭皮を乾かす

・次に髪の根元→毛先の流れで乾かす

・冷風で頭皮と髪全体の粗熱をとる

 

この4つの行程を守れば、乾かす時間も短くなる可能性があるので、

是非試してみてくださいね☆

 

●頭皮マッサージ

自宅で出来る頭皮マッサージの方法については

【簡単頭皮マッサージ→クリック♪】を参照ください!

 

●育毛剤で頭皮環境を整える

育毛剤と言うと抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、

頭皮環境の改善を目的とした育毛剤もありますので、うまく活用して頭皮の保湿や血行を促進が出来たら良いですね♪

 

 

髪のベタつきやパサつきにお困りの方、まずはご紹介した方法で頭皮のケアを考えてみて下さい!

皆さんが暑い夏も快適に過ごせますように☆☆